トップ 庭のアルバム 野の花ブログ Myレシピ

2004.1.21〜24の末永の雪景色

偉大なる冬将軍にどっしりと居座られ、”野の花”の数日間は雪国と化しました。
1月21日の朝から降り始めた雪は、みるみる積もり出し、一日中降り続けました。

昼間は、ボタン雪、そして夕方5時過ぎるころから粉雪に変わりました。
それでも、この21日の雪は、静かなやさしい雪でした。
空から舞い降りる雪は、まるでハートの形の花びらのように・・・

誰も踏んでない新雪に初めての足跡を付けるこの快感

すっぽりと雪帽子をかぶった”野の花”の裏山

歩きながら写真を撮っていると、時折猛烈に降りしきる雪に
たちまちのうちにカメラにも雪が積もり、すぐ後ろにそびえる
山々さえも見えなくなってしまいました。

地吹雪

ところが、22日なると、朝からものすごい電線のうなる風の音、外は吹雪でした。
雪が止んでも、激しい風は吹き荒れ、積もったサラサラの雪を砂嵐のように舞い上げる地吹雪です。
下を向いていても容赦なく目にも飛び込んでくる雪に、 瞬きをする回数が多すぎて連続フラッシュの世界です。
足を踏ん張っていないと風の勢いで倒されそうです。
氷点下4度?くらいなのでしょうか、顔が痛くて切れそうでした。
ここ末永は、峠の麓なので、市内に比べると気温は、2〜3度は低いのが常です。

   
  お昼過ぎだというのに雪は、まったく解ける気配
  もなくサラサラ状態 積雪8cm?
平地に住む方からTELで、出て来て欲しいとい
   う連絡があり、「雪のため道路が凍結している
  から外出できない」と伝えると、
「へえー?」と信じられない様子。
   「本当なんです、信じてください!」
  やっぱり、ここは別天地でした。

近所の子供たちとの散歩で大喜びのクマ

氷の厚み3cm?

新しい”野の花”の離れの住人、ひとみさん
”野の花”にたどり着いたのは1月10日
高知から、福岡に住むことを希望してやって来ました。
スタッフの好美ちゃんが、去年の夏に四国のお遍路で
知り合った人です。
新しい住居が見つかるまでは、しばらく滞在
「福岡って、南国で暖かいのかと思っていたのに・・・」
と言いながらも雪景色には大はしゃぎ



  うっかり給湯器を凍結させてしまい、お風呂は
  ご近所のお宅に連日、もらい湯に通う有様
  台所用の水道栓は、ずっとチョロチョロと水を
  出しっぱなしだったけれど、お風呂のことまで
   は忘れていました。

  ご予約のお客様も連日キャンセルになり、
  おかげで子供のようにはしゃぎ回って、
  思いっきり雪の世界を楽しむことが出来
  ました。

  雪の日の幻想的な休日を、ありがとう!

  厳しい寒さを体験してこそ、お日様の暖かさ
  に感謝できる。
  やさしい春風や、みどりの新芽や色とりどり
  の野の花に無性に会いたくなる。
  
  次に来るものが、確実に「春」だというのは、
  何という幸せなのだろう。


糸島峠の裾野から、前原市内を眺めて

Copyright:(C) 2003 Nonohana All Rights Reserved